ネトゲを色々放浪して最後に死ぬ人

ゲームと共に死ぬ

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

Project-QKのレビュー

レビュー書くのが随分遅れてしまいました

Artisanの新マウスパッドのレビューに当選しましたのでレビューを書きました

自分が持っている紫電と比べてレビューを書くのは納得がいかなかったので

Qck Miniを購入し、このQckに対抗する為に作られたArtisanの新マウスパッドである

Project-QK(以下QK)との違いをレビューしてみます

まず最初に当方のFPS環境から

使用マウス:Steelseries KANA+PERFECTGLIDE HD

マウスの持ち方:かぶせ持ち

センシ:[A.V.A]180度6cm [counter-strikeシリーズ]180度3cm

マウスを動かす上での支点:肘支点

ハイセンシ気味ですが手首では無く、肘支点というちょっと珍しいタイプです

では早速本題のQckとの違いについて

[梱包の面]

Artisanのマウスパッドは必ず厚紙で出来た専用のパッケージにマウスパッドが

展開された状態で入ってますが、Qckシリーズは大体巻いてあります

シワにならなければどんな梱包でも問題無いと思いますが、実際買ったMiniはシワになってたので残念

こういうのを配慮しているArtisanは流石だと思います

[開封してみる]

Qckは開けて匂いを嗅いでみると分かりますが結構シンナーっぽい匂いがします

個体差はありますが、昔友達にあげたHeavyは結構気になる位臭ったりしました

QKの方は鼻を相当近づけないと感じないのでほぼ無臭に近いです

[触り心地]

QKの方はなんか高級なキメの細かいスポンジを触ってる気分

毎回マウスパッドの触り心地を調べてて思いますが、本当に布とは思えませんよね

Qckも同じような触り心地ですけどQKよりも細かくちょっと滑る感じがします

個人的には触り心地はあまり気にならないのでここは簡潔に

触り心地が気になる人でも普通の布製品とQKの触り心地は変わらないので大丈夫かと

[滑り]

さてようやく本当の本題の滑り具合へ

マウスを適当に動かしてみました

紫電を10にして見るとQKの方は6、Qckの方は5くらいでしょうか

QckはQKに比べて少し重く感じますね

特にマウスを動かして逆方向にまた動かす時の初動が鈍いです

QKは布パッド特有の抵抗の強さは感じるといえば感じますが

Qckと比べると抵抗は半分くらいに感じるのでとてもマウスを動かしやすいです

今まで使ってきた布製のマウスパッドよりもQKのマウスパッドは動かしてる時の安定感は抜群

どんな風にマウスを動かしても違和感を感じません。綺麗にマウスの動きをトーレスしてくれます

自分は紫電をよく使いますが紫電では味わえない感覚ですね、ちょっと感動しました

[両方を使ってみて]

両者は似ているようですがやはり抵抗の少なさは完全にQKの方が上だと思います

特にマウスの切り返しがスムーズに行える事は強みですね

紫電を最初使っていたので最初QKを使った時はマウスが動かし辛いならとは思いましたが

慣れてくるとハイセンシの自分でもスムーズに動いて

綺麗に止まるQKはとても良いと感じました

特に細かい所の撃ち合いはかなりしやすいですね、ロングなどで敵が左右に動いても

微調整がしやすかったです、抵抗が少なめとはいえ布マウスパッドなのできちんと止まります

Qckだと本当に若干ですがちょっともたつく感じがありました

個人的にはQckを上回るスペックを持つQKは良いと思います

今までQckを使っていた方々にもガラスなどの滑るマウスパッドを使っていた方々にも

おすすめ出来る高次元で纏まった万能マウスパッドという印象でした
スポンサーサイト
  1. レビュー
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


<<基本無料 | BLOG TOP | サンデル教授>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。