ネトゲを色々放浪して最後に死ぬ人

ゲームと共に死ぬ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

マウスセンシ

昨日書けなかったので今日は書くぞー!

マウスセンシは2つに分けてハイセンシとローセンシに分かれます

ミドルセンシというのはセンシが高めか低めかの定義しかないのでミドルセンシは無いらしい

なので中途半端なセンシの人はハイセンシとか言っておけば良いと思います

では何故ローセンシが多いか、そこから!

まずローセンシだと制御がし易いっていうのがあります

ただ個人的には制御がし易いというよりは許容範囲が広いっていう認識をしています

まぁ簡単に言うとローセンシは動ける幅が当然ながら少ない

よって少しマウスのトレースをミスっていても相手に当たる確率が高い

逆に考えると動きが狭いので正確に狙い易いとも言えます

この2つの要因が大きいのでローセンシの人が多いのだと思います

ハイセンシはその逆、トレースをミスったら全く当たらないし

動きが大きいので正確には狙いづらい…

しかし動きが大きいと言う事はマウスアクセルが高いという事になり

初動に強くなります。ここが地味に忘れられてる!

そこでハイセンシマンを増やす為の工作をしてみる!

基本的に手首ベタ付けじゃない限りは当たらなければちょっとセンシを下げて

何日かすると安定してきます、多分これはどんな人にも当てはまると思う

因みに何日かと書いてありますが、若干個人差があるので慣れないと一週間以上かかるかもしれません

そして慣れて来たら少しだけセンシを上げてみましょう

今度はそれで慣れていく。何日もやってダメだったらまた少し下げる

それをくり返して、少しでもセンシを高めに調節していく

正直安定させたいだけだったらローセンシのままでいじらないで良いと思います

自分で完璧に自信を持ってこのセンシ!ってのがあるのなら上記の方法はやらなくて良いと思います

しかし同じセンシのままでは上手くなれないと個人的には思っています

かと言ってセンシをいじるのも結構怖いのも事実

でも少しずつ自分が制御出来るセンシを探るというのも楽しいと思います

そうやって少しでもセンシの無駄な部分を削いでいって理想のセンシを追求していく

もしどんな場面でも完全に撃ち合えるセンシに出会えたのなら

それが自分のセンシだと思って良いと思います

これが自分のマウスセンシ論みたいなもんです

駄文読んで頂いて感謝
スポンサーサイト
  1. FPS
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


<<ネットゲーム | BLOG TOP | すぽーつ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。